ゲームプランナーの考え方

UIデザインの基本原則として知っておきたいZの法則とFの法則(ゲームプランナーも知っておこう!)

UIデザインの基本原則には、Zの法則とFの法則があります。 Zの法則は、ユーザーの目の動きに従って情報を配置する法則で、左上から始まりZ字型に視線を動かします。 Fの法則は、ユーザーの目の動きを左上から左下に向けて順に視線を動かすパターンを指します。 これらの法則を理解し、デザインに取り入れることで、ユーザーが情報を効果的に受け取りやすくなります。
ゲームプランナーの考え方

ゲームプランナーとは、どんな仕事?

ゲームプランナーは、ゲーム開発チームの一員であり、ゲームのコンセプトからデザイン、ストーリー、ゲームプレイの構築まで幅広い業務を担当する重要な役割です。プレイヤーの視点に立ち、ゲーム体験を最適化するためにデザインや機能を決定し、開発プロセスをリードします。創造性と論理的思考が求められるこの職業は、ゲーム業界で仕事をしたい人には魅力的な選択肢です。
ゲームプランナーの考え方

3D酔いとフレームレートの関連性

立体映像やVR体験における3D酔いの原因や症状、その際の適切なフレームレートの重要性に焦点を当てた記事です。低いフレームレートが3D酔いを悪化させる可能性があり、 高いフレームレートが快適な体験をもたらすことを解説しています。また、適切なフレームレート設定が3D酔いリスクを低減する方法も紹介しています。 記事は、VRコンテンツ制作や3D映像の視聴において、フレームレートがどれだけ重要かを書いています。
ゲームプランナーの考え方

ゲームで頭が痛くなる⁉ゲーム開発者も悩ませる頭痛の正体

ゲームで頭が痛くなる⁉開発者も悩ませる頭痛の正体 ゲーム開発者は、頭痛に悩まされる場合があります、これは、ゲーム開発者だけではなくデスクワークの人に起きる問題ではあります。 今回は、このデスクワークの人になぜ頭痛が多いのか、そして、それの解決策としてはどうすればいいかについての記事となります。
ゲームプランナーの考え方

ゲームプレイ中の視線の動きを考えるイレギュラー編【UI編】

ゲームプレイ中の視線の動きを考えるイレギュラー編【UI編】 ゲームのUIの中には、イレギュラーな配置をするものがあります。 今回はこの良くない配置のはずなのにしなければならくなった理由についての説明と、UIとは非常に考えなければならないものというお話です。 簡単のようで実は、このUIが不誠実だと確実にユーザーは離れます。
DIYシリーズ

天井を利用して、室内設置、ハンガーラック!

天井を利用して、室内に設置、ハンガーラック! 衣服をクローゼットにかけたい場合、もしくは洗濯を干したい場合に、室内でも行う場合はありますよね そんなときに室内用に拡張して物干しを設置するという選択肢がで来ると思います。 今回は、その室内専用の物干しを追加する際に、賃貸でも使える、天井フックを使ったものと、突っ張り棒を使ったものを紹介します。
雑記

スクエニHD、ゲーム開発体制の見直しについて

スクエニHDがゲーム開発体制の抜本的な見直しをすることを発表しました。 長年の体制をこれで変えれれば…。といったところスクエニがなぜ開発体制を見直しをはかるのか、そこについてと私の経験を書きます。 これで、経営がかなりかわってまた、ゲームクオリティもいい方向へむかってくれたらよいですがそこまでいくのかどうか。
ゲームプランナーの考え方

ゲームUI設計における視線の動きとプレイヤーの快適性

ゲームUI設計における視線の動きとプレイヤーの快適性 ゲームプレイ中の視線の動きとUI設計の重要性について解説。 プレイヤーの疲れやストレスを軽減するためのUI設計のポイントを紹介します。
ゲームプランナーの考え方

ゲームプランナー、ネタは回して考え、4つの側面から見る

ネタを変えて考える場合は基本の4つの側面からとらえるためには、 現状考えたいネタに変化を付ける場合は、ある程度そのネタを知った状態である必要があります。 その状態で、別の側面をいろいろな角度から見る必要があります。別の角度から見て、ばらばらに分解して、4つの方法を取り入れていきます。
DIYシリーズ

天井設置の換気扇は寒い…対策へ

うちの家は築年数が30年たっており、換気も第三種となっています。 これは、外気は、家の隙間から、排気は換気扇からという流れとなっており、断熱性が良いというものではありません。 今回は、冬場に換気扇の下にいると結構冷気がはいってくるので、その対策を行った記事となります。 賃貸でもできる手法ではあるので、試してみる価値はあると思います。
スポンサーリンク