ゲームプランナーに必要な資格

ゲームプランナーになるためには
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲームプランナーに必要な資格

ゲームプランナーに必要な資格はあるのか?

これの問いに対しては、『ない』です。

と答えられます。

正直な話、ゲームプランナーとして会社に所属しているならば、そこから学ぶこともできますので、足りないものはあとからでも、継ぎ足すことはできます。

あるならある、ないならないぐらいの紹介なら

これからゲームプランナーになりたいということであるならば、『あったらいいな。』という能力ぐらいなら、紹介はできます。

絶対ではないですが、他の会社でも必要になることなので、高ければ高いほどいいものではあります。

『あったらいいな。』という能力

ExcelとかWord、PowerPointなど使えたらいいですが、資格が必要でもないですし、それよりも優先度が高いとするならば、

文章力』と『トーク力』がそれです。

なんか他の会社でもよく聞きます。と思われるかもしれませんが。

ゲームプランナーの仕事は、仕様書の作成&説明、スケジュールの管理、ゲーム調整&設定が主です。

一人では、作れないから必要になります

ゲームプランナーだけではゲームは作れません。

自分の作った資料を作ってもらう人に説明しなければなりません。

また、のちに自分が考えた企画のゲームを作るためには、どうしても通らなければならない道となります。

『文章力』と『トーク力』をつけるためには

とはいえ、『そんな文章力とトーク力もないのでゲームプランナーはやっぱり無理です。』と、思ったとしても大丈夫です。

これについては、会社に入ってからでも養ってはいけますし、少なからず、面接への練習や小論文などで能力を蓄積はされていくでしょう。

最低限、面接での話ができ、履歴書や小論文などがあれば、そちらでの文章がクリアできれば、大丈夫です。

使う場ができれば、能力はあがります

そこから先は、会社所属しているならば、経験と知識をつけさせてくれる場所ですので、これを使わない手はないのです。

この場所を生かして、ひたすら失敗を恐れず資料と説明をやり続ければいやでも能力は上がります。

仕事仲間とは仲良くしておくと、話さなければいけない相手の情報を得たりすることができるので、そこから、話の手順や説明方法などを検討することもできると思います。

会社に入る前に、経験を積むには?

ただ、じゃあ、最低限あるからそれでいいや、というので止まられるのも会社に入った後で大変なことになる可能性もあるので、入る前に経験や知識は積めるようであれば、積んでおきましょう。

トーク力

トーク力で言えば、できれば、すでに何かを基本的に発表する場所を得ている場合は、そこで経験を積むのがいい思います。

想像でもいいので、苦手な人と対面したときに、話題をどう作るのかをイメージしてみるというのもいいと思います。

文章力

文章力については、blogや、日記を書くというのもいいと思います。

私自身も最近このように書き始めてみてから、書き方が変わったというのを認識しているので。

また、基本的なことですが、本を読むというのもいいものです。

本は、基本的に文章だけで構成されているため、文章で想像力を働かせる書き方になります。

その書き方ができれば、読み手を深く没入させることができるので、説明がしやすく、納得がさせやすくなります。

あれば『英語力』

あとは、英語が話せたり、かけたりするとそこでも幅が広がります。

基本的にまだまだ、そこから戦力にされる可能性がありますので、ただし、ただの通訳係になる可能性もあるので、そこはうまく立ち回りましょう。

英語に関して言えば、字幕の映画を繰り返し見たり、気になるWordを発音してみたりすると上達します。

特にここは、好きな映画とかだと進歩率が高いです。

よく海外の方が日本のアニメから日本語を覚えました。というように、好きな映画から英語のフレーズを覚えてそこから広げていくと身に着けやすいと思います。

継続は力なり

とはいえ、どれも一長一短で身につくものでもないので、コツコツとやっていきましょう。

ゲームプランナーになったあとに、花が咲くのか、すでに花が咲いていて、まばゆく光っているのか、それは、自分の努力次第だと思います。

出来ることであれば、私のように一介の戦士で終了せずに、勇者として昇りつめた人物になっていただけたらと思います。

お勧めの本などを、リンクさせておきます。

レンタルなどもお安くすみますので、広告貼ります。

(Visited 154 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました