1ボタンで遊べるゲームを目指すのか、それともすべてのボタンを使って遊ぶゲームを目指すのか

ゲームプランナーの考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1ボタンで遊べるゲームを目指すのか、それともすべてのボタンを使って遊ぶゲームを目指すのか

  • 『1ボタン』でプレイすることができるゲーム
  • 『すべて』のボタンでプレイすることができるゲーム

この二つのゲームがあった場合、あなたならどちらを選びますか?

多分、多くの人が1ボタンでプレイするゲームを選ぶでしょう。

なぜなら、すべてのボタンを使いプレイするゲームをプレイしたいという場合、容易に想像できるのが、操作が難しいことです。

ボタン一つでできるゲームであれば、ボタンをタイミングよく、然るべき場所で押せばよいだけなので、難しくはなりません。

上記のように2つの極端な例として、『一つ』か、『すべて』かと上げていますが。

これはゲーム序盤にも言えることです。

ゲーム序盤にプレイヤーを惹き付ける要素を入れないと継続的なプレイを行ってもらうことはできません。

購入したゲームならばまだしも、体験版をプレイしているならばその体験版という短いプレイ時間の間にプレイヤーの購買欲を高めなければなりません。

ゲーム序盤に最強の強さを遊ばせる

よくアクションゲームであるパターンが、序盤に最終的な強さのゲームを遊ばせ、その力が奪われて、力を使うことができなくなるパターン。

これは、最終的な遊びの面白さがわかる反面、いきなり使えなくなるという反動があるため、扱いが難しいところがあります。

ストーリー的なものによく落としていく形ではありますが、理不尽さを感じるとは思います。

逆にゲーム序盤は、本当に基本的なことしか遊ばせない

このパターンが基本的なアクションゲームになると思いますが、この基本的な遊びで、ゲームを構築させる必要があります。

これを最強の強さの前提でゲームを構築し、そこからそぎ落としていく感じにゲームを作ると最大という点では、わかりやすくなりますが、ゲームとして成り立つのかどうかという点においては、なかなか難しい点があります。

理想のゲームの構築としては

ボタン一つで遊ぶことができ、そこに追加要素として、他のボタンを交えるというところです。

メインボタンを選定し、それをポチポチ押すだけでもゲームとしてなりたつ形にし、追加で他のボタンを押すことによって、付加的な要素を追加でき、コンボが繋がったり、強力なダメージを与えられるなど効果を持たせると、ゲームが苦手なプレイヤーと得意なプレイヤーにも遊べるゲームが作ることができます。

間違えないで欲しいことは

その追加要素を使わないと絶対にクリアできないところがあるのは、正直よろしくないです。

ゲーム性としては、よく入れるパターンではありますが、私は実はこれはない方が良いと思います。

例えばですが、メイン武器があり、それが強く、サブの武器を使うことがないというのがゲーム的にわかった場合の対処として、想定できるのが

『使うにはどうすればいいのか?』

『そうだ!サブ武器でしかダメージを与えられない敵を作ろう!』

となるはずです、しかしですが、そのサブ武器でしか倒せない敵って、どうなんだろう?って私は思います。

せめて、ガッチリした制限は入れない

せめてやるのであれば、サブ武器の方が効率的にダメージを与えられる、メイン武器を使いながらサブ武器を追加で使うことができるようにするとか、メイン武器だけでも攻略が出来ない訳ではないというのを残した方が、楽しみ方が出ると思っております。

上手いプレイヤーより下手なプレイヤーの方が多い

特にゲームが苦手だけど、ゲームが好きなプレイヤーに関しては、アクションゲームをプレイしてもらうとボタンを一つしか押しません。

他のボタンを使うことによって別の攻撃が出たりするのですが、それも使わずにがむしゃらに一つのボタンを連打して戦います。

そして、それが上手くいくとこのゲーム面白い!、私ってゲームが上手い!という感じを受けるようになり、どんどんそのゲームにのめり込みます。

(Visited 136 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました