任天堂Switchのゲーム実況プレイ時に使う低価格キャプチャーボード選びのコツと商品のメリット、デメリット

YOUTUBEの機材と情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

任天堂Switchのゲーム実況プレイ時に使う低価格キャプチャーボード選びのコツと商品のメリット、デメリット

任天堂Switchのゲーム実況プレイに適した低価格(2万以下)のキャプチャーボードを選ぶ際のポイントと、おすすめの商品を紹介します。

キャプチャーボード選びのコツ

  1. 解像度とフレームレート: Switchは最大1080pの解像度で出力します。60fpsに対応していると滑らかな映像が得られますが、30fpsでもゲームによっては十分です。
  2. 接続方式: USB接続のキャプチャーボードは設置が簡単で、PCとの互換性も高いです。
  3. ソフトウェア: 付属の録画・編集ソフトウェアが使いやすいかどうかも重要です。ストリーミング機能があると便利です。

低価格キャプチャーボードのおすすめ

今回は、広告を貼りません。製造年数が古いものもあるため、売っているところが限られる形のため、リンクを貼っても、すぐに売り切れてしまう可能性がありますので。

なので、商品名を書いておきますので、この名前をコピペして、検索かけると商品が出てくると思います。

AVerMedia LGP Lite (GL310)

  • メリット: コンパクトで手頃な価格。1080p30fpsの録画に対応。USB接続で簡単にセットアップ。
  • デメリット: 60fpsには非対応。録画品質が高価格帯の製品に比べると劣る場合がある。

Elgato Game Capture HD (旧モデル)

  • メリット: 1080p30fpsの録画が可能。使いやすいソフトウェア。
  • デメリット: 新モデルに比べると機能が限定されている。中古市場での入手が必要。

Genki ShadowCast

  • メリット: 非常にコンパクトで低価格。1080p30fpsに対応。
  • デメリット: フレームレートが限定されている。一部のレビューで遅延が指摘されている。

DIGITNOW! HD Game Capture:

  • メリット: 1080p30fpsの録画に対応。低価格で手に入る。
  • デメリット: 録画品質が一貫しない場合がある。ソフトウェアの使い勝手がいまいちとの声も。

MYPIN HDMI Game Capture Card

  • メリット: 1080p30fpsの録画に対応。手頃な価格で購入可能。
  • デメリット: ソフトウェアの使い勝手に課題がある。一部のユーザーから遅延の報告あり。

I-O DATA GV-HDREC

  • メリット: 簡単なHDMI接続。1080pのフルHD録画に対応。比較的低価格で提供されている。
  • デメリット: 60fpsには非対応。録画ソフトウェアが必要で、使い勝手に不満を感じる場合がある。

予算と自分の必要最低限の機能を見極める

これらの低価格キャプチャーボードを選ぶ際には、自分の必要な機能と予算を考慮しながら最適な製品を選択しましょう。高品質な録画を求める場合や

60fpsでの滑らかな映像を重視する場合は、予算を少し上げて対応製品を選ぶことをお勧めします。また、ストリーミング機能や編集ソフトウェアの使いやすさも、ゲーム実況プレイにおいては重要なポイントとなります。

低価格のキャプチャーボードを選ぶ際には、製品のスペックだけでなく、ユーザーレビューやサポート体制(相談するサイトなどはあるのかどうか)も確認すると良いでしょう。自分の環境に適しているかどうかを確認することも重要です。

任天堂Switchのゲーム実況プレイにおいて、低価格ながらも満足のいくキャプチャーボードを見つけることで、高品質な映像を楽しみながら、ゲームの魅力をより多くの人に伝えることができるようになります。

Switchに限らずではありますが、こちらも見ておくと良いかもです。

(Visited 15 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました