ゲーム業界でのキャリア: 大手企業と中小企業の選択

ゲームプランナーの考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲーム業界でのキャリア: 大手企業と中小企業の選択

ゲーム業界は、多様なキャリア機会を提供していますが、特に大手企業と中小企業の間での選択は重要な判断です。それぞれのメリットとデメリットを考慮して、自分に合った職場を見つけましょう。

今回は、大手のゲーム会社を狙うのか、中小を狙うのか、ここの判断基準となるような記事になっています。

大手企業と中小企業の違いについて

大手企業と中小企業の見分け方にはいくつかのポイントがあります:

  1. 社員数と売上高: 大手企業は社員数が多く、高い売上高があります。中小企業は社員数が少なく、売上高も比較的小さいことが多いです。
  2. 知名度: 大手企業は一般的に高い知名度を持ち、広告やマーケティング活動が活発です。中小企業は地域に根ざした活動が多く、知名度は低めです。
  3. 市場の影響力: 大手企業は市場に大きな影響力を持ち、業界のトレンドをリードすることが多いです。中小企業はニッチな市場に特化したり、革新的なアプローチで市場に参入することがあります。
  4. 組織の構造: 大手企業は組織が複雑で、階層が多い傾向があります。中小企業はフラットな組織構造が多く、意思決定のスピードが速いことが特徴です。

これらのポイントから、企業の規模や特性を理解することができます。詳細な情報は企業の公式ウェブサイトや財務諸表、業界レポートなどを確認することによって、判断ができます。

大手ゲーム会社

ゲームを作るうえで、みんなが目指したがるのは、大手ゲーム会社でしょう。ですが、挑む人数も多くなかなか採用までいくことが難しいのが大手となります。

大手ゲーム会社のメリット

  1. 安定性: 大手企業は財政的に安定しており、長期的な雇用の安心感があります。
  2. リソース: 豊富なリソースと最先端技術へのアクセスがあり、大規模なプロジェクトに取り組むことができます。
  3. 福利厚生: 充実した福利厚生と高い給与水準が期待できます。

大手ゲーム会社のデメリット

  1. 競争: 昇進やプロジェクトへの参加の機会が限られており、競争が激しいことがあります。
  2. 役割の制限: 大規模な組織では、特定の役割やタスクに限定されることがあり、クリエイティブな自由度が低い場合があります。

中小ゲーム会社

ゲーム好きな人によっては、大手よりこっちという場合がありますが、中小の中もピンキリのため、ゲームの売上本数が高いところとなると、中小の中でも上にきたりしているため、本当の意味での中小となるとゲームはかろうじて知っていたが、会社名は知らなかったとかそういうレベルの会社もあります。

中小ゲーム会社のメリット

  1. 柔軟性: 小規模なチームでは、多様な役割を担う機会があり、スキルセットを広げることができます。
  2. クリエイティビティ: 独自のアイデアを持ち込みやすく、新しいゲームコンセプトの開発に直接関与することができます。

中小ゲーム会社のデメリット

  1. 不安定性: 小規模企業は財政的に不安定である可能性があり、雇用の安定性が低いことがあります。
  2. リソースの限界: 限られた予算とリソースにより、大規模なプロジェクトや高度な技術の利用が困難な場合があります。

ゲーム会社への就職・転職

ゲーム業界でのキャリアを追求する際には、自分の目標、スキル、働き方の好みを考慮して、大手企業と中小企業のどちらに入社するかを慎重に選択することが重要です。自分に合った環境を見つけることで、ゲーム業界での成功と充実したキャリアを築くことができます。

と書きますが、内定がもらえなければ、働けもしません。そのため、自分が行きたいところはもちろん就職活動を行いますが、その次点のものや、会社をひたすら調べ、いろいろな会社を見ておくことによって、有名な会社でなくてもこの会社は面白そうと思える会社があるはずなので、そこに飛び込んで経験を積むというのもありだと思います。

もちろん最初から大手に入れるなら入れるにこしたことはありませんが、中小には中小の良さがあり、その部分を理解した上で、就職を行えるようにしましょう。

(Visited 24 times, 2 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました