ゲームのフレームレートは30FPS?60FPS?

ゲームプランナーの考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲームのフレームレートは30FPS?60FPS?

ゲームにはフレームレートというものがあります。ほとんどのジャンルが基本的には30フレームという形になります。ですが、シビアな判定を持ちたいゲームは60フレームとなります。(格闘技ゲームとFPSがそうです。)

そもそもフレームレート(FPS)とは何か?と、簡単にいうと、1秒間に何枚の絵を使うかということです。

パラパラ漫画で動作を細かく描けば描くほど、滑らかに動きますよね。それと同じです。

1秒間に30枚、一秒間に60枚、後者のほうが細かい動きになります。ただし、滑らかに動く分処理も30よりも60は倍なので、勿論処理がその分食います。

処理落ちはストレスの元

処理落ちすれば、それだけ、プレイヤーにとってはストレスが溜まります。

また、処理落ちしているとなるとその間は、裏では表示はしていないが計算はされているので、プレイヤーが不利益を被る可能性が高くなり、プレイヤーからしてみれば、理不尽な攻撃をくらったりと印象が悪くなります。

演出による処理落ちもある

アクションゲームでは、意図的に処理を重くして演出にする場合があります。偶発的なものでもありますが、そういう演出もありますので、フレームレートの低下をいい方向にもっていくというものありな考え方です。

※カプコンのロストプラネットというゲームでは、爆発の際にこの手法が使われています。

【中古】【全品3倍!6/20限定】PS3 ロスト プラネット 2 PLAYSTATION 3 the Best

価格:348円
(2022/6/20 23:50時点)
感想(0件)

判定をどうするのかが鍵を握る

ゲームの性質としてどちらを取るのかというのを考えてフレームレートは決めればいいかと思います。基本的には、シビアな判定を要求するものは60フレームがよいですし、特に判定がシビアではないのであれば、30フレームでもいいと思います。

単純にこのゲームは60フレームがいいんだ!とかにはしないようにしてください。

基本は30フレームで困ることはないと思いますが、60フレームを維持しようとしての製作はかなりしんどいですよ。単純に30フレーム時より2倍の処理を食うのですから。(特にアクションゲームなどを作ろうとするならば。)

(Visited 108 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました