子供時代に遊んだ遊びからボードゲームを考えよう

手作りボードゲームを考える
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供時代に遊んだ遊びからボードゲームを考えよう

カードゲームを、前回考えてみましたが、今度は、ボードゲームを一緒に考えてみましょう。

ボードゲームもそんなに難しく考えることはなく、カードゲームの延長という形で考えていただければと思います。

というのも、荒っぽいセリフを言ってしまえば、盤面を用意できてボードゲームといえます。

じゃんけんで考える

じゃんけんをカードゲームとする場合には、グー、チョキ、パーの三つのカードが一人にあれば成り立ちます。これに、盤面を結びつけます。

例えば、盤面の置く場所によって、グーがパーへ、チョキがグーへなど、変化を及ぼすことができれば、それはそれでボードゲームといえると思います。

勿論、やってみたら意外にいろいろな穴が見えてくることもあるでしょう。また、それは盤面にする必要もないなど、意見もあると思います。

ゲームの面白さは見せ方によって盛ることもできると思います。

基本的には、豪勢さ遊びの深さとなるとボードゲーム > カードゲーム となってしまうと思います。精密なフィギア、立体的な建物など。見せて遊ぶという要素も高いからです。

表現の仕方で決めよう

ボードゲーム、カードゲームどちらにもよさがあります。ご自身が作りたいゲームがボードゲームよりであれば、ボードゲーム、カードゲームよりだったらカードゲームという形で作っていけばいいと思います。

どっちかわからないという方は、カードゲームからボードゲームというほうが、広がりをもって考えるとができるのでいいのではないかと思います。

(Visited 29 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました