ChatGPTでゲームは本当にできるのか?試しにゲームを作ってみた!

ゲームプランナーの考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ChatGPTでゲームは本当にできるのか?試しにゲームを作ってみた!

最近、AI技術の進化が目覚ましい中、ChatGPTを活用して様々なことができるようになりました。今回は、ChatGPTを使ってシンプルなゲームを作成してみました。この記事では、その過程と結果を共有したいと思います。

ChatGPTとは?

ChatGPTは、OpenAIが開発した自然言語処理を用いた大規模な言語モデルです。人間のように自然な対話ができるため、さまざまな分野での応用が期待されています。

ゲームの概要

今回作成したゲームは、ブラウザで遊べるゲームとし、横スクロールのゲームを意識して作成し、迫りくる敵を撃ち落とすというシンプルなものです。操作は矢印キーでプレイヤーを移動し、エンターキーで弾を発射するだけの簡単なものにしました。

開発環境

  • 開発ツール: ChatGPT
  • 画像編集ツール アルパカ
  • テキストツール メモ帳 JSとHTMLのファイルへコピペするため

開発プロセス

  1. ゲームの基本設計: まず、ゲームの基本的なルールや操作方法をChatGPTに打ち込みます。
  2. JSとHTMLファイル: ChatGPTからもらったプログラム情報を元に、それをメモ帳にコピペしてを活用して、拡張子を変更し、プレイできるように。
  3. キャラクター画像の作成;画像データもChatGPTに作成してもらいました。この画像をアルファ抜いたり、編集したのがフリーツールのアルパカ、組み込みもChatGPTにお願いしています。
  4. テストプレイ: 実際にゲームをプレイして、ChatGPTにバグの修正を伝え調整を行いました。
  5. 完成: 本来であれば、もっと仕様を組み込みたいところだが、とりあえずここまで

ゲームの特徴

  • シンプルな操作性: 矢印キーとエンターキーのみで操作できるため、誰でも気軽にプレイできます。
  • ChatGPTの活用: 開発過程でChatGPTを利用することで、効率的に仕様の組み込みを進めることができました。
  • カスタマイズ性: ゲームの難易度やデザインは簡単に変更可能です。プレイヤーの好みに合わせてカスタマイズできます。

まとめ

ChatGPTを活用してシューティングゲームを作成することは、とても楽しく有益な経験でした。AI技術を使ってゲーム開発を行うことで、新たな可能性が広がることを実感しました。これは、プログラムができない私でもゲームを一から作ることができたということなので、アイディアを形にできる手段が増えたと言えるでしょう。

今後もChatGPTを活用したさまざまなプロジェクトに挑戦していきたいと思うところです。

若干問題なのが、仕様を一気にてんこ盛りにしてしまうと動かないデータになりやすいので、少しずつ仕様を追加していく感じの方が、プログラム知識がない方にはよいと思います。

作成したゲームは下記よりDL出来ます

実際にChatGPTで作ったゲームは、下記に置きますので、DLして遊んでみてください。

※実はもっともりもりにしようと思いましたが、ChatGPTに仕様をてんこ盛りにした際に、ゲームが動かなくなり修正不能となったため、ここまでのデータにしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ChatGPT 120%活用術 [ ChatGPTビジネス研究会 ]
価格:1,390円(税込、送料無料) (2024/3/25時点)



(Visited 91 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました