古代ゲーム「じゃんけんポン!」の魅力と現代ゲームへの応用

遊びからゲームを考える
スポンサーリンク
スポンサーリンク

古代ゲーム「じゃんけんポン!」の魅力と現代ゲームへの応用

ゲームを考えるときの発想法

ゲームを考える際、皆さんはどのようにアイデアを膨らませますか?

現在プレイしているゲームからヒントを得ますか?

それとも、ゼロベースで全く新しいものを創造しますか?今の時代、ゲームは多種多様なルールとともに溢れています。

秘伝のタレとしての基本遊び

現代のゲームは、基本的なルールに「秘伝のたれ」のように新しい要素を継ぎ足し継ぎ足しして進化してきたものだと言えます。

私たちが子供の頃に外で遊んだシンプルな遊びが、実はすべての元となっているのではないでしょうか。

今回は、その原点とも言える『じゃんけん』についてお話ししましょう。

「じゃんけん」とは

『じゃんけん』、これは誰もが知っている遊びです。

グー、チョキ、パーの三つの手形があり、それぞれが勝つ手形と負ける手形を持っています。このシンプルなルールは、多くのゲームにおいて基本構造として活用されています。

現代ゲームにおけるユーザー離脱対策

現代のゲームでは、ユーザーがすぐに離脱しないよう工夫がされています。

例えば、『じゃんけん』のように一発で勝敗が決まるのではなく、相性の悪い相手に対しても一回でやられない仕組みが取り入れられています。

これにより、ゲームの展開が複雑になり、プレイヤーは何度も挑戦する意欲を持ち続けることができます。

味付けと基礎を変えて別ゲームに

ゲームを作成する際、昔遊んだゲームのローカルルールを思い出し、それを新しいゲームに組み込んでみると面白いものができるかもしれません。

今回紹介したじゃんけんも、『グー』、『チョキ』、『パー』ではなく、別の三つの要素を考え、それぞれに付加価値を与えることで、オリジナルのゲームが誕生します。

シンプルなアイデアから壮大なゲームへ

壮大なゲームをいきなり考えるのも良いですが、シンプルなアイデアから始める方が完成に近づきやすく、スケジュール管理も容易です。

少しずつ進めることで、意外な発見や面白いゲームが生まれること間違いありません。

(Visited 59 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました