ゲームプランナーとは、どんな仕事?

ゲームプランナーの考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲームプランナーとは、どんな仕事?

ゲームプランナーの話を書いているのに、ゲームプランナーこの手の記事を全く書いてないことに気づいたため、今回書きます。

ゲームプランナーは、ゲーム開発チームの一員であり、ゲーム制作における企画段階から実装、テスト、最終的なリリースまでのプロセスを統括する役割を担います。ゲームプランナーは、ゲームのコンセプトやストーリー、ゲームプレイのデザインを決定し、開発チームと協力してゲームを完成させるための計画を立てます。

ゲームプランナーの役割やスキル、キャリアパスについて詳しく説明します。

ゲームプランナーの役割

  1. ゲームコンセプトの策定:市場調査やトレンド分析を行い、魅力的なゲームコンセプトを考案します。初期段階では、一番力を入れるところです。
  2. ゲームデザインの決定:ゲームのルール、システム、レベルデザインなどを決定し、開発チームに伝えます。コンセプトが決まった段階での仕事となり、そのコンセプトに沿ったものを作成します。
  3. スケジュールと予算の管理:開発スケジュールや予算を策定し、プロジェクトを進行させるためのリソースを確保します。スケジュールに関しては、各担当のリーダーが行い、予算などは、ディレクター、プロデューサーが行います。
  4. チームの統率:開発チームと協力して、ゲームの開発を円滑に進めます。デザイナーやサウンド、他部署などにも及ぶ場合あります。
  5. テストとフィードバックの収集:プレイテストを実施し、フィードバックを収集してゲームの改善を行います。
  6. マーケティング戦略の立案:ゲームの販売促進やブランディングのための戦略を立てます。ゲームプランナーよりは広報が行う部分、広報より拡散するための動画や画像などを用意する場合はゲームプランナーにあります。

ゲームプランナーのスキルと資格

  • ゲームデザインの知識:ゲームのルールやバランス、プレイヤーの心理などに関する知識が必要です。
  • コミュニケーション能力:開発チームと円滑にコミュニケーションを取り、意見を共有する能力が重要です。
  • 問題解決能力:予期せぬ問題に対応し、プロジェクトを適切に管理する能力が求められます。
  • プロジェクト管理能力:スケジュールや予算を管理し、プロジェクトを成功させる能力が必要です。
  • ゲーム開発経験:ゲーム開発の経験があると、プランニングの理解が深まります。
  • 関連する学位や資格:ゲームデザインやプロジェクト管理に関する学位や資格が役立ちます。

ゲームプランナーのキャリアイメージ

ゲームプランナーのキャリアパスは、以下のように進むことが一般的です。

  1. アシスタントプランナー:基本的なプランニング業務を担当します。
  2. プランナー:ゲームの一部分を担当し、より高度なプランニング業務を行います。
  3. リードプランナー:複数のプランナーや開発チームを指揮し、プロジェクト全体のプランニングを行います。
  4. ディレクター:ゲームの全体的なビジョンを持ち、開発チームを指揮してプロジェクトを成功させます。
  5. プロデューサー:ゲームの全体的なビジョンを持ち、開発チームを指揮してプロジェクトを成功させます。プロデューサーは、ゲーム開発もみますが、広報よりの立場で動くことが多いです。

※ディレクターとプロデューサーは似たような位置にいますが、役職的にプロデューサーが高く、ディレクターはその下となります。ただし、いない場合もあります。

ゲームプランナーは必要

ゲームプランナーは、ゲーム制作における重要なポジションを占めています。ゲーム開発の各段階でプロジェクトをリードし、成功に導くために必要なスキルや知識を身につけることが重要です。

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました