ゲームで頭が痛くなる⁉ゲーム開発者も悩ませる頭痛の正体

ゲームプランナーの考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲームで頭が痛くなる⁉開発者も悩ませる頭痛の正体

今回は、雑記よりですが、ゲーム開発者でも起きる悩みの一つである頭痛についてです。

簡単に言ってしまえば、血行が悪くなってしまっているのと、車酔いのような状態になってしまうのが、原因です。

これは、どのようなことかというと、

ゲームプレイするにもゲームを制作するにも基本的には、ゲーム機、PCにかじりついて作業を行います。

血行が悪くなる

このような場合、同じ体制を長時間維持することになり、血流が悪くなります。

特にデスクワークの人は、運動不足になりうるので、この症状がたまります。

私もよくなっていたので、わかりますが、肩こりがひどく、そのおかげで血流が悪くなり、頭痛を発症するというのがありました。

対象方法としては、ストレッチ!

解決方法としては、1時間起きに椅子から立ち上がり、腕を回したり、デスクワーク、ゲーム中で行っている姿勢と逆の方向に曲げるストレッチをすると効果的です。

ストレッチとかは、家でもできるものがお勧めで、寝る前とかにもやると効果的です。

寝る前だけでもやっておくと、関節周りの筋肉の硬直がなくなっていくので、日々楽になると思います。

参考動画

私もよくやるのが、下記の方の動画を参考にしてやったりしています。

デスクワークは、椅子がかなり重要!

ゲーム中もそうではありますが、たぶんそれ以上に、デスクワークは同じ姿勢をするので、座る椅子にも注意が必要です。

安物の椅子だと、お尻や背骨が痛くなるので、カバーできるようなゲーミングチェアがあれば理想です。

会社だと支給品を使うことになると思うので、椅子の上にサポーターとして設置できるものを用意しておくと楽になります。

椅子につけるオプション

広告になってしまいますが、下記のような椅子に取り付けるタイプも効果的です。



というのも、上記のものは既存の椅子にも配置できるため、非常に便利です。会社の経費として、いい椅子を用意していただけるのであれば、それに越したことはありませんが、用意してもらえないのであれば、自衛する必要があります。

椅子のサポートグッツは、ピンキリではありますが、5000円以上のものに比較的いいのが多いので、お勧めします(体験談として。)

在宅では、どうするのか?

昨今では、在宅での頻度もあがり、私自身も在宅が多いため自分の仕事スペースを作ってたりします。

そのため、昇降できるデスクと、ゲーミングチェアを購入しています。

これは、会社より作業がしやすい環境にしてしまったところもあるので、正直なところ出勤はあまりしたくない感じではありますね。

購入した昇降デスクと椅子



金額的には5万程度かかってしまうところではありますが、楽天、アマゾンのセールの日などを狙うと4万ちょいで買える金額にはなると思いますので、急がなければ、それを考慮に入れて購入した方が良いと思います。

使い心地は?

非常に良いです、それまでは通常のダイニングテーブルについている椅子を使って、その場で作業を行っていましたが、椅子の高さとデスクの高さが調整が変更可能な点、椅子に座っていても疲れにくく、リクライニングや寝ることもできなくもないので、非常に良い買い物でした。

ゲーミングチェアなどは、本来であれば試した方が良いとは思いますが、店頭に置いてあるものは、結構値段が張るものが多いので、なかなかそこでは選べませんでした。

なので、金額的にもうちょっと余裕が出せる場合であれば実際に座ってためしてからの購入が良いと思います。

デスクについては、幅と高さがどの程度かは、事前にちゃんと測ったものだったので、問題ない感じでした。欲を言えば、L字にしたかったというところもありますがこれは、自分の家のスペースにもよるので、どうしようもないかなと。

金額に余裕があれば、下記のようなゲーミングチェアもおすすめです。(広告)

頭痛の解消方法として

ストレッチと、その予防策となる物を購入するというのが、仕事を続けていくには必須になると思います。

体だけは、壊れたらこの先の投資金額以上にお金や精神的負荷がかかってしまうので、体を壊す前にその対処を確実に行えるようにして、休日に仕事の疲れを持ち込まないようにできるようにしましょう。

(Visited 25 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました