遊びからゲームを考える

昔の遊び、今の遊び、楽しめるからこそゲームは良いものである

昔の遊び、今の遊び 私のゲームの考えの中でネタが困ったり、ルール部分で困った場合に、昔の遊びを思い出して、そこで覚えたルール(ローカルルール)を含むもので、ゲームを考えてきたというのがあります。
ゲームプランナーの考え方

ゲームのバランスブレイカー

ゲームのバランスブレイカー バランスを壊す存在。バランスブレイカーと呼ばれるもの、よくこのせいでゲームがクソゲーだーなど、言われることが多々あります。
遊びからゲームを考える

「ろくむし」ゲームの1UP(ご褒美)はモチベーションをあげるものでもある。

ゲーム1UP 離れた2か所の場所がセーフティエリアとなり、鬼役が二人ボールをキャッチボールする。 と、自分が昔遊んだ「ろくむし」と比べてみると、上記の部分まではあっているが、細かい点でのルールが違った。
遊びからゲームを考える

古代ゲームともいえる基本遊び(じゃんけんポン!)

ゲームの作りの基本(じゃんけんポン!) ただ、基本がありそこから秘伝のたれのように継ぎ足し継ぎ足しを行っていたのが、現状のゲームだと思っています。 その継ぎ足しもの元となったのは何かといいますと、子供時代に外で遊んだりしたものだったりすると私は思っています。
挨拶

ご挨拶

初めまして、このページを見ていただきありがとうございます。 この度、ブログを立ち上げました。 立ち上げた理由としては、私自身がゲーム作成をしていた人間であり、その中で学んでいたものを少し自分のどこかで残して置けてなおかつ、いろいろな方に見ていただければと思いたったところです。
スポンサーリンク