連打だけのゲーム、シュウォッチ!ウルトラマンではない!

遊びからゲームを考える
スポンサーリンク
スポンサーリンク

連打だけのゲーム、シュウォッチ!ウルトラマンではない!

最近といっても数年前になると思いますが、シュウォッチが復刻していました。これ私は小学校時代に、遊んでいたものですが、学校に持って行ってよく遊んでいました。

遊びといっても、ボタン二つを10秒間で何回押せるかとうだけのゲームなのですが、かなり白熱した記憶があります。

高橋名人の連打のおかげで、この機械で真似をしたりとかしました。

指が折れるまで・・・。

連打といっても、単純に親指で押すもの、猫の手のような形に指をして爪で擦るやり方、人差し指と中指を使い交互に連打するピアノ(当時そう呼んでいた。)という形のものがありました。

あとは、定規使う人もいましたが、なんだかんだで爪で擦る系が多かったですね。

記憶なのであいまいな部分がありますが、当時親指連打110、擦り300、ピアノ160、ぐらいだった気がします。

指が何度も、つりそうになった経験を今でも覚えています。

楽しい

なんだかんだで10秒間に2つのボタン押すだけのゲームでしたが楽しいものでした。

今はいろいろなゲームに何秒間に何回押せ!というのがあるので、目新しさはありませんが、このころはそういうのがなかったので、非常に楽しく遊べました。

単純な遊びなのですが、のちのゲームの仕組みに取り込まれるものは多々あります。

ボタン押しの中にルールを加える

リズムゲームとかは、このゲームのルールを足したもので作成できたりしますね。

例えば、1秒ごとにAボタンをおす。Bボタンは3秒ごとに押すなど。時間は今適当にしましたが、これを変えることによっても別のステージとかにすることもできます。

今回の10秒間に2つのボタンを連打するゲーム自体も、少しルールを変更するだけで別の遊びになることができますので、色々と考えるネタにしてみてください。

※今、シュウォッチ(シューティングウォッチ)、値段がすごいことになっています。どういうものかという感じで張ってはおきますが、高いです。

高橋名人のゲーム35年史 (ポプラ新書 153) [ 高橋名人 ]

価格:880円
(2022/7/5 23:30時点)
感想(0件)

【中古】その他ハード ハドソン シューティングウォッチ

価格:6,290円
(2022/7/5 23:30時点)
感想(0件)

(Visited 109 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました